新作家・千聖~母から娘への想い~

 

(前回までのお話はこちらです)

新作家・千聖~心を読む少女~

 

「もうっ!どうして前もって言っておいてくれなかったんですかっ?!!」

 

動揺しながら、りこさんに噛みつくと、

 

「だって、もし予め話をしていたら、みゆみゆ、絶対に構えてたでしょ?」

 

と、大して悪びれてもいないご様子。
(りこさんのこう言うところ、いつも尊敬するし、
同時に恐ろしいと感じるポイントのひとつです。)

 

これがどうして構えずに居られるでしょうか?!

 

何故って、わたしは、
生まれたてのピュアな赤ちゃんでもなければ、
聖人君子でもない!

世間の「汚れ」をそれなりに知った、普通の「大人」なんです!
お腹の中で考えてることは、
そこそこ「腹黒」かったり、「計算高かったり」するんです!(苦笑)

 

それが、この高校1年生の女の子の前では、
丸丸筒抜けで、スッケスケだなんて・・・・ああ、もう。(涙)

 

でも、実を言うと、
この時のわたしは「驚き」と言うよりはむしろ、
「またか・・・」と言う諦めに似た「脱力感」と、
静かな「興奮」を同時に感じていたのでした。

 

と言うのも、
わたしが千聖ちゃんのような
「超スーパーエンパシー」体質の方に出逢ったのは、
これが人生で2度目だったからです。

 

丁度2年ほど前に、共通の知人の紹介で出逢った、
Mさんと言う女性が、
やはり、「心を読む」方でした。
Mさんの場合は、そこに「予知能力」が備わっていたため、
(これについては、ずいぶん、人から利用されそうになったと、Mさんは仰っていました。)
当時、わたしは、ずいぶんと彼女に助けてもらいました。

 

Mさん曰く、

 

『私たちには全員、この世で成し遂げようと決めてきた
「使命=天命」があり、それは全て完璧な「幾何学」で
描くことが出来る・・・』

 

そうで、わたしの魂の計画の「幾何学図=魂の展開図」
描いていただいたこともありました。(我が家にあります)
(これが実に精巧で納得する内容でした。)

 

他にも、Mさんは「宇宙」の秘密や、
他の惑星の意識とコネクトする方法や、
場の浄化方法を、
「宇宙語」?を使って教えてくれました。

 

今から10年ほど前は、
彼女主催のスピリチャルツアーが勝手に立ち上がるほどで、
業界の有名人が相談にも来られるような方だったそうですが、
ある時からそんな風に祀り上げられる自分と世の中に嫌気がさし、
引きこもるようになったそうです。

友人が少なかった彼女は、
わたしとの出会いを心から喜んでくれました。
もちろん、そのことは、わたしも嬉しかったのです。

そんなわけで、出会いから、約1年半くらいは、
Mさんとマメにコンタクトを取っては、
逢っていたわたしだったのですが、
ある時を境に、少しずつ彼女を避けるようになってゆきました。

 

理由は、彼女が「なるべくそうしないようにスイッチを切ります」とは言いつつも、
ふとした折に、図らずも、
わたしの「心」を読んでしまうことが原因でした。

 

何となく「感じる」、「感じ取られる」レベルであれば、
日常どんな人間関係においても、
それは普通に行われていることですし、
事実、わたしもしています。
でも、”レベルが違う”のです。
そして、その事に関しては、
Mさんが悪いわけでは、決してないのです。

 

 

過去のMさんとの経験があったせいか、
千聖ちゃんのお母さんから、
千聖ちゃんのお父さんが、
彼女が小学生3年生になった年に、

「ごめん。千聖はまったく悪くないけれど、
もう、耐えられない・・・」

と言って家を出ていってしまった・・・
と聴いた時、
気の毒に・・と思うと同時に、
(申し訳ないけれど)お父様の気持ちが分からなくもない、
と思ってしまったのです。

 

 

警戒なのか?解放なのか?
ラウンジの辺り一面、
妙な場のエネルギーが漂う中、
そもそもどうして、千聖ちゃんが、
「七つ葉のクローバー」を知ることになったのかを、
ようやくお母さんの口から伺うことが出来ました。

 

 

千聖ちゃんのお母さんは、
りこさんのボデイーワークに通われている、
20年来のクライアント様が経営する会社の従業員の方でした。

 

 

千聖ちゃんが、物心つき始めたころに、
「あれ?この子は他の子と違う、何かがおかしい?」と
徐々に感じ始めたそうです。

 

 

何故なら、こちらが一言も言っていないのに、
家に来る大人たちの悩みごとに
大人顔負けのアドバイスをしていたと言うのです。
そして、そのアドバイスはとても的を射たものだったそうです。

 

また、時々、千聖ちゃんは、
自分が生まれて来る以前の記憶、
つまり「胎内記憶」や「前世記憶」だと思われることを
話していたそうです。

 

離婚後、千聖ちゃんを
女手一つで育ててゆく覚悟をしたお母さんでしたが、
千聖ちゃんはある意味、「特別」な子。

当然ですが、普通の学校生活には上手く馴染めません。
お友達からも「なんか変」「怖い」と避けられるようになり、
学校に居場所のなくなった千聖ちゃんは、
小学校も中学校もほとんど出席していなかったそうです。

 

勉強は、もっぱら在宅学習。
それでも、不思議なくらい、
千聖ちゃんは、勉強が出来たそうです。
テキストを一度読めば、大概のことが頭に入ってしまうので、
テストを受ければ成績だけはいつも上位。

そんなこんなで高校には入学したけれど、
やはり学校には馴染めないのか、
月に数回登校出来れば、良い方・・・。
でも相変わらず勉強だけは出来る。

 

以前から、
「目に見えない世界」のことを時折、話して聞かせてくれる、
会社の社長さんに、
千聖ちゃんのことを打ち明けたところ、

 

「それなら、私に相談するよりも、いい人知ってるわ!」

 

と言うことになり、りこさんのことを紹介され、
りこさんのHPから、ライフエスコートにたどり着いたのだそうです。

 

でもそれがどうして、
千聖ちゃんの今回の「作家志望」へと繋がったのか・・・

 

 

長くなりましたので、これはまた次回のブログで書きたいと思います。

 

 

今日もお読みくださり、
ありがとうございました。

 

 

チャロアイト(浄化、こころの癒し、危機回避、恐怖や不安の克服、洞察力、直観力)

 

世界三大ヒーリングストーンと称されるように、
癒しの力が強く、浄化作用も非常に強い石です。

どちらかと言うと、身体の癒しというよりは精神的なもの、
エネルギー的な浄化の要素が強く、強迫観念的な状態や恐怖、不安等を鎮めます。

チャロアイトは
環境的、霊的マイナスエネルギーから身を守ることで、
ひいては病気や不調の状態からの回復をサポートしてくれると言われています。

また、危機回避のお守りとしても有効です。
持ち主の人徳を高め、周囲からの信頼を得るように促す力も持ち、
グループ等での人間関係を向上させる助けにもなる、とても穏やかで順応性の強い石です。

自分自身とも
しっかりと向き合うことで
洞察力や直観力も養われていくことでしょう。

アイリストパーズ(逆境を乗り越える、人生を豊かにする、方向性を示す、成功と繁栄、癒し、

 

トパーズのビーズにひび割れがあり、そこに綺麗な虹が見られるものをアイリストパーズといいます。

絶望を希望に変える。
強い意志を持った石です。
あなた自身の想いがダイレクトに反映されて
その想いの分だけ寄り添ってくれます。

これからの可能性をより広く
大きなものにしていくあなたをサポートしてくれます。

「今進むべき道」に向き合ったとき
出てくる、不安、迷い、恐怖。。。を振り払い
前進する勇気を与えてくれることでしょう。

また
ゆたかな人生に必要な
「愛情」「資産」「気力」に注目を集めることで
幸福感と充足感を高め
最高の人生をサポートしてくれる
力強い味方となってくれることでしょう。

 

 

メタモルフォシス(新しい自分に生まれ変わる、自己受容、心の安定、インスピレーションを高める、ネガティヴからポジティヴ思考への転換)

 

「変容、変革、変化」の石といわれている、メタモルフォシス。

本来の自分の姿を認識する手助けになり、
良い意味で持ち主の心に変化をもたらしてくれるでしょう。

新しい自分に生まれ変われる石

この石はコンプレックスを抱え、今の自分に満足できない…自分をもっと成長させたい…そんな悩みを持つ方の落ち着かない人の心を静めて力強い安定感をもたらしてくれます。

「認められたい、受け入れられたい」と願う心こそ
人が生きることに大きな力を与えるのです。

でも、コンプレックスを持っていたり周囲の人の愛を実感できなかったりした場合、
自分自身が自分を認めることが出来ません。
このような自分を認めることが出来ない、
自己肯定感の低い人が、生まれ変わりたいと強く願う時
メタモルフォシスは大きな力を発揮し、
あなたを暖かく包み込んでくれることでしょう。

新作家・千聖~心を読む少女~

 

こんばんは^^
ライフエスコートパートナーの
みゆみゆです。

 

きょうは、前回の、この記事からの続きです。^^

 

新作家を迎えることになった七つ葉のクローバーですが、
いざ逢ってみるとその方は、
なんと!まだ子供だった・・・

と言うところまで、前回はお話しました。

 

新作家・千聖~出逢い編~

 

 

妙に上から目線で、
大人っぽい口調で話す、
千聖ちゃんと呼ばれるその少女の動向に
わたしは呆気にとられながらも、
気を取り直して座り、
オーダーをとりに来たラウンジスタッフに
いつものように「カフェラテ」を注文しました。

 

「ところで、千聖ちゃんは、今何年生だったかしら?」

 

おもむろに、りこさんが彼女に尋ねると、

 

「はい、1年生です。」

 

と、あの異様に透明感のある声が
淡々とした調子で返ってきます。

 

 

そこで、

 

「へえ?まだ中学1年生なんだ!」

 

と半ば決めつけた具合でわたしが問い返すと、
今度は千聖ちゃんのお母さんの方が、

 

「あの、それが・・・、この子、高校1年生なんです・・・」

 

と、すかさず訂正を入れて来たのでした。

 

思わず・・・

 

(え?嘘でしょ?!こんなに”子供っぽい”子が高校生なの?!
てっきり小学生か中学生だと思ってたのに!)

 

 

そう、心の中でつぶやいた瞬間、「事件」は起きました。

 

 

「あ、そう思われること多いですよ。」

 

 

はじめ、千聖ちゃんは、
わたしが少し前に言った、

 

「え?まだ中学1年生なんだ!」

 

 

と言う発言に対して、

 

「あ、そう思われること、多いですよ。」

 

 

と言ったのだとばかり思っていました。
いや、出来ればそうだと思いたかったのです。

 

 

でも、それがどうやらそうではないらしいことは、

 

お母さんの、

 

「もう!だから、千聖!
そう言うことは、あまりしないでって、いつも言ってるでしょ!
みゆみゆさんに失礼でしょ!すみません・・もう・・」

 

と言う叱責と謝罪の声と、

 

 

りこさんが、ごめん、観念してね・・と
言わんばかりの悟った表情で放った、

 

 

「・・・と言うわけなのよ、みゆみゆ・・・」

 

 

と言うセリフで、
わたしは事態の重大さに
ようやく気付いたのでした。

 

 

そう・・・
わたしは、この千聖と言う少女に、
「心」を「読まれていた」のです。

 

それも、今までに体験したことがないくらい、
恐ろしいくらいクリアに。

 

 

つづく・・・

 

 

*この夜、わたしは久しぶりに「知恵熱」を出し、
りこさんのヒーリングでようやく回復をしました。

完全にキャパオーバーだったこの出来事。
そして、千聖ちゃんのお母さんの抱く想い、
千聖ちゃんが天から受け取ったと言うミッションについては、
次回の記事で書きたいと思います。<(_ _)>

新作家・千聖~出逢い編~

こんばんは^^
ライフエスコートパートナーの
みゆみゆです。

 

前回の、この記事からの続きです^^

来月、新しい作家さんを迎えることとなりました^^

 

11月某日。

その日、仕事を終えたわたしは、
その足で、
ライフエスコートの着画会で毎回お世話になっていた、
某ホテルの19Fのラウンジへと向かっていました。

その数日前、代表の長島由利子さん(りこさん)から、

「私の20年来のクライアント様のご紹介で、
逢ってもらいたい人がいるの。
実は新しい作家さん候補にどうかな?って思ってて・・
みゆみゆからも意見をもらえたらと思って・・」

 

と連絡をもらい、
遠方に暮らしているため都合がつかない
他のパートナーに先駆けて、
わたしが一緒に逢うことになったのでした。

わたしがホテルのラウンジに到着すると、
既に指定されていた席に
りこさんの他、
あと二人の女性が座っていました。

ひとりは、年のころ40代・・
私よりも数歳年上かな?と思しき女性でした。

 

そして、もうひとりは、
小学校高学年くらいか、
中学生になったばかりくらいの子かな?と思われる
女の子。

 

 

(なんだ。作家さん、今日は娘さん同伴なのね・・)

 

 

そう思っていると、
りこさんが相変わらずの目力で、
「こっちよ!」と
声を発せずにわたしを手招きするので、
わたしはそそくさと
3人が座っている席へと足早に急ぎました。

 

「お待たせしてすみません。」

 

と、お母さんの方に頭を下げながら、

 

「この度は、うちのショップの作家を
志望してくださったそうで・・」

 

と声をかけると、りこさんがおもむろに、

 

「みゆみゆ、あのね、違うの・・・・。
作家さん志望の方は、お母さんじゃなく、
こちら・・・千聖ちゃんの方。」

 

と、言葉を遮ったのでした。

 

「は・・・・?千聖ちゃん?」

 

一瞬、ぼうっとしていると、
小柄で細身の、長袖のTシャツにデニムを合わせたラフな服装で
大人よりも大人びた瞳でこちらを見つめる
「千聖ちゃん」と呼ばれる女の子が
わたしに向かって、異様に透き通った声で、こう告げたのです。

 

「はじめまして、みゆみゆ。千聖です。
いつも、素敵なブレスレットのお写真、みていますよ。」

 

(みゆみゆってね・・・あなた。
今日初めて会ったばかりだよね?
それに大人ですよ?わたしは?
しかも、みていますよ、って・・・
なんで上から目線?^^;)

 

少々の違和感と共に始まった
この日の会合。

 

この違和感と驚きが
まだ序の口であることを、
この時のわたしは、
まだ知る由もありませんでした。

 

これが、わたしと「千聖」との
初めての出会いでした。

 

つづく・・・

T様より、新月のヒーリングの感想をいただいています^^

 

 

T様からの
新月の無料ヒーリングを
受けて頂いた感想をいただきました^^

 

ー新月のヒーリングエネルギーをありがとうございます。
ブレスレットを手に付け横になってみました。
そうしたら、やさしい想いが、ブレスレットをしている手の指先から
感じられました。
とても温かな想いと、勇気が芽生えました。
ありがとうございました。-

 

ブレスレットご購入いただいた方へ
ご本人とブレスレットに
毎月の新月に
無料でヒーリングをお届けさせて頂いています^^

 

 

お客様からライン@へのご質問~ブレスレットの重ねづけって???~

 

 

N様より
ブレスレットの重ねづけに関して
メッセージを頂き
その返信への声がこちらです^^

 

ー重ねづけしても大丈夫と聞いて安心と共に
2つの大事なブレスレットを着けて良いんだということが
とても嬉しいです。
大切に身につけさせていただきます。-

 

こんな事聞いてもいいのかな…。

そう思う前に
聴いてくださいね^^

ご自身で確かめて頂くことで
より、安心してブレスレットと共に
過ごして頂けますから^^

 

天珠~菩提天珠~(新たな人生のスタート、自己肯定、正しい道、不安からの解放、心身の安定)

お釈迦様が悟りを開いたとされる、菩提樹を施した天珠です。

迷いや心配事を断ち切り
自信がみなぎり、
新たな人生へと導く効果があります。

そして
人間関係が順調になり人への思いやりが出てくる。
迷いや悩みが消え去り、自分に自信が付いてくると云われています。

完全性をあらわす。災難を消し心が澄み正道に向うと言われています。

 

 

来月、新しい作家さんを迎えることとなりました^^

 

こんにちは!
秋も深まって参りました。

まだ少し熱を帯びたホカホカの太陽と
肌をなでるひんやりした空気のバランスが
本当に心地よいですね^^

先日、ラッキースター木星が
ホームである射手座に移動し、
何かこう・・・
それまで水面下でうごめいていたものが
薄い皮膜を破るようにして
表に現れ始めている・・

そんな何かが始まる「ワクワク」を
ふとした折に感じています。
その気配が少しずつ濃くなっている今、
Seven Leaf Cloverにも
新たな動きが!!!!

 

実は来月から、
制作部門に「新しい作家さん」を
お迎えすることになりました。

 

先日、わたし、
とある方からのご紹介と言うことで、
代表のりこさんと、
新しい作家さんに
極秘にお目にかかって来たのですが・・・

 

もう・・・

 

えーーーーーーー!!!!!!(驚)

 

って方でした。

 

 

いや~、まさかの?!って感じ。

 

 

嘘でしょ?!って感じ。

 

 

これは、この先、いったい
どんなことになっちゃうんだろう?!

 

 

この作家様のとの出会いは、
あまりにも衝撃で、
わたし、まだ、
いろいろ頭の中が整理出来ておりません~<(_ _)>。

 

 

これから、少しずつ、
新しい作家さんのこと、
お話してゆきたいと思っています。

 

それでは、また^^